選べる種類

プリンター

印刷を行なう会社で多く依頼がなされるものとして、ラミネート加工が挙げられます。ラミネート加工とは、紙などの印刷物にフィルムを貼りあわせ、独特の光沢と手触りの製品とすることです。ラミネート加工を行なうことで、通常の紙での印刷物とは違う印象を与えることができるので、商品タグなどに使用することでより特別な製品であるということを印象付けることができるでしょう。また、フィルムによって加工がなされているので、普通の紙よりも耐水性や耐久性に優れているのもポイントです。社員証などに使用すれば、長期間破れず、湿気にふやけることもなくキレイに使用し続けられるでしょう。フィルムで保護されているので、不正にコピーされることなども防ぐことができます。このラミネート加工は、専門の印刷会社に依頼することでも行ってもらうことができます。フィルムの種類も豊富にあるので、使用目的や性質を考えて選びましょう。

PETフィルムは、ラミネート加工の中でも最も選ばれるものです。フィルムの厚みも自由に選べるので、見た目の印象や耐久性の問題から厚みを自由に選択できるでしょう。光沢を際立出せて多くの人の視線を集めるグロス加工は、ノベルティ製品としても高い効果を発揮してくれます。また、ツヤをあまり目立たせないマット加工も利用されており、見た目の派手さを抑えた上品な仕上がりは多くの製品に利用されます。PPフィルムは薄い印刷物などに適しており、紙の周囲に淵をつけない加工も行えるので、よりキレイな加工を行えます。このPPフィルムとは対照的に、PVCフィルムは非常に厚いフィルム加工を行えます。PETフィルムによるラミネート加工よりも安く仕上げることができるので、費用を抑えたいとする人に多く選ばれるのも、このPVC加工なのです。費用と仕上がりの良さなどから、適したラミネート加工を選びましょう。

Copyright © 2015 コピー機、プリンターの便利な活用術|ウキウキマシーン選び all reserved.